ITセカイを駆け抜けろ!

ウェーブハウス/ネットデータにてIT関係を引き受ける人間の雑言をつらつらと。
気が向いたら更新。ITとか不動産とか料理とか温泉とか。

<< 買い時は売り時ですよ  目で見る人口減少率 >>

明日に向けて走れ!

リニア新幹線、国交相が着工認可 環境対策「問題なし」

 JR東海が品川(東京都)―名古屋間で2027年開業をめざすリニア中央新幹線について、太田昭宏国土交通相は17日、JR東海の建設計画を認可した。大量の残土の処分などの環境対策や安全性、資金面などで計画に問題はないと判断した。JR東海は直ちに用地交渉に入り、年明けにも工事を始める方針。総工費約9兆円の巨大事業は、国の基本計画決定から40年余を経て建設段階に入る。

 太田国交相はこの日の閣議後会見で、南アルプスを貫く長大トンネル工事や温室効果ガス増大などの環境影響について、「国交相意見で求めた環境への措置について、JR東海がすべて(対策を)行うと言っていることを確認した」と述べ、影響は抑えられるとの認識を示した。さらに品川から名古屋まで40分、大阪まで1時間強で結ぶことを挙げ、「3大都市圏の人の流れが劇的に変わり、大きなインパクトをもたらす重大な事業。アクセス向上で地域の利便性に寄与する」と計画の意義を強調した。

 太田国交相から認可書を手渡された柘植(つげ)康英(こうえい)社長は「日本の大動脈輸送が計画から建設に移る節目で、身の引き締まる思い。地域との連携に十分配慮し、確実に早期に進めたい」と述べた。今後、まず各地での事業説明会や測量、設計、用地買収に入るという。

朝日新聞より


 ようやく、リニア建設へ正式に走り始めました。現在新幹線で1時間30分前後の品川名古屋間が約半分の40分に、大阪に至っては2時間30分から1時間強に短縮されます。乗車時間は飛行機並み、ドアツードアを考えればもっとも早い移動手段となります。予定では名古屋までだと後13年。そのころにはどういう国になっているかはわかりませんが、今ですら一日最大300本オーバーの本数を誇る運転密度の区間ですから、ますます多くの人が、東へ西へ移動することになるでしょう。その頃が楽しみです。

岡山の不動産ウェーブハウス不動産会社向けITシステム開発販売 ネットデータ
不動産売却王 岡山不動産会社・建築会社向け営業ツール「土地バンク」

comments(0)  -  

COMMENTS






 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>