ITセカイを駆け抜けろ!

ウェーブハウス/ネットデータにてIT関係を引き受ける人間の雑言をつらつらと。
気が向いたら更新。ITとか不動産とか料理とか温泉とか。

<< お陰様でamazonで売り切れです  9月13日不動産投資セミナー まだ募集中! >>

台風の季節

台風18号 愛知県知多半島に上陸

 気象庁の観測によると、台風18号はきょう9日午前10時過ぎに、愛知県知多半島に上陸した。台風が日本列島に上陸するのは、今年4個目で、9月までに4個の台風が上陸するのは2004年以来、11年ぶりとなる。
 台風18号と秋雨前線の影響で、東日本と西日本には活発な雨雲がかかっていて、1時間雨量は三重県鳥羽市で75.5ミリ、同志摩市で69.0ミリなど、いずれも9月としては観測史上1位となる激しい雨を観測している。台風はきょう午後にも日本海へ達し、温帯低気圧に変わる見込みだが、引き続き湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定となる。これまでの雨で地盤が緩んでいる所もあり、土砂災害、河川の増水や氾濫、低地の浸水などに厳重な警戒が必要だ。

yahoo!より


 台風が上陸し、東海・近畿地方を中心に大雨となっています。一部では9月の観測史上最多雨量となるところもあり、川沿いや山・がけの近くにお住まいの方は周囲の様子や気象状況、天気予報、警報・注意報に充分注意してください。

 今回の台風18号、上陸時点では990hPaと規模的には弱い部類になっていますが、秋雨前線の影響もあり、各地で大雨が降り続いています。7月・8月に上陸する台風と異なり、9月以降の台風はこの秋雨前線とのセットで大雨となりやすいのでご注意ください。この場合、台風の経路はもちろんのこと、台風から離れていても前線が近い場所は大雨となりやすいのでご注意ください。
 また、山や崖の近くの場合、大雨が降った後はしばらく崖崩れなどの土砂災害に警戒が必要です。一度雨が止んでも、まだ土壌には多くの水分が含まれていますから、あまり間を開けないうちにまた雨が降ると限界を超えてしまう可能性があります。

岡山の不動産ウェーブハウス不動産会社向けITシステム開発販売 ネットデータ
不動産売却王 岡山不動産会社・建築会社向け営業ツール「土地バンク」

comments(0)  -  

COMMENTS






 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>