ITセカイを駆け抜けろ!

ウェーブハウス/ネットデータにてIT関係を引き受ける人間の雑言をつらつらと。
気が向いたら更新。ITとか不動産とか料理とか温泉とか。

<< iPhone狂想曲その6s  首都圏中古マンション成約、4ヵ月連続の2ケタ増 >>

気になる重説項目 その31「専用使用権その2」

 前回の記事でもあった専用使用権。簡単に言えば「専用で使用できる」わけですが、これだとなんのこっちゃとなりますのでもう少し具体的に申しますと、

専用使用権:共用部分や敷地の一部を、特定の区分所有者が独占使用できる権利

 となります。前回も触れたように、玄関ドアやバルコニーなどを「専有部分」としてしまうと色々と不都合が生じます。ですので、部分自体は共有部分として、そこをあくまで「特定の区分所有者(ドアやバルコニーなら対象住戸)」が専用的に使用できる、とするわけです。
 これによく含まれるのは玄関外のアルコーブだとかポーチ、専用庭、ルーフバルコニーなども出てきますし、住戸にくっついているわけではありませんが、1階の集合ポストにも設定されていることがあります。

 また、敷地の一部、ということで駐車場も専用使用権で使えるようにしているところが昔はありましたが、最近はほとんどありません。多くの場合、管理組合と使用契約を締結して利用できる形態になっています。
 これは専用使用権が設定された駐車場関係で多くトラブルが発生した為です。この内容はまたいつか。

※そして公開してから、以前に書いていたことを知る。あわててその2とつけましたとも、ええ。

岡山の不動産ウェーブハウス不動産会社向けITシステム開発販売 ネットデータ
不動産売却王 岡山不動産会社・建築会社向け営業ツール「土地バンク」

comments(0)  -  

COMMENTS






 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>